嗅覚も考えても厳選された物はすごい。

ひととは違って、犬の場合は嗅覚がききます.

だからこそ、おいしいものとまずい物等のちがいに判断できるのかもしれません.

また、いつも食べている.おいしいものはこちらだということがわかるからこそ、お腹がすいていたり、何を食べてもいいんだと思っている状態でも判断がくるわないのでしょう.

だから、本当にたいしたことがない一般的なドッグフードだけをおいたら、ガツガツ食べるわけですけど、

その途中で厳選されたドッグフードをさしだすと、それにしか興味が無く、それ以外は食べませんというかんじです。

いままでおいしいと思っていてたべていた一般的なドッグフードを全く無視しておいしい方ばかり食べていくわけです.

おいしいものは万国共通。

そういったカンジなのでしょう。

厳選されたドッグフードとは、やっぱり犬にとって最高なものだといえます。

条件をコレだけ与えても選ばれるのには、犬にしか分からない要素がありますし、

それでこそ愛犬を守れるんだと思いました。

おなかをすかせていても。

ちょっといたずら心から、ある実験をやってみたのです.

それは何かといいますと、ドックフードを食べさせるのに空腹で食べさせるなら、

どんなものでもがっつくのではないかと思ったんです.

だから運動しっかりとさせ、ボールを使ったりおもちゃを使ってしてとりあえずたっぷりと運動をしました.

そのあとお腹がすいたしぐさをしていたのでちょっと我慢をさせてAとB という形でやったんです.

すれとどうでしょう.

厳選されたドッグフードの方ばかり食べるではありませんか.

これらはなんど実験しても同じことがいえるのです.

つまり、こちらのほうがいいというわけではなく、

どういう理由であったとしても厳選されたフードを

選んでいるという傾向があることがありました.

愛犬を守るためには、

こういったところもしっかりと見逃さずに観察していかないといけませんね。

しかしものの見事に、犬にとってもやっぱりおいしいものというのは、共通なのでしょうね。

共に過ごすからこそ分かる。

室内犬のドッグフードを研究してるところはある意味

エサのことについて詳しく調べているというだけではなかったです.

よくよく調べてみると、

家庭と同じ環境を考えるという事でした.

そこでペットと専門家が過ごすという試みを実施することによって初めて成し遂げることができるという事なのでしょう.

そうすることで、家庭で暮らす室内の犬の行動を

深く観察・研究することができるというわけです.

当たり前ですが、ペットが身近にいるからこそ、

鋭く観察することができるという事なんですね.

仕事として食べ物を研究するというのは

もちろんのことですが、こうやって実生活を行うことにより、

何が必要でなにがいらないのかという事を

体で感じることは大切だという事がよくわかります.

またそうすることによって、研究員たちも愛情が湧いてきますので、

もっといいものを仕上げたいという気持ちも出てくるでしょう.

そういうことがとても大切だという事に気づきます。

厳選は難しい。

いいものを選びたいというのは最初このプログを決めた時から

なんら変わっていません.

「厳選している」という事はいろいろな商品をもちろんのことながら

適当に選ぶのではなく、厳選しているわけですから。

これだという商品は絶対におすすめしていきたいなと思っています。

もちろんいろいろな人から意見をいただいて、それをもとにドッグフードを購入したり調査したりします.

これだと思うものがあっても、また新しくすぐれたものが出ると、どうしても優劣をつけたくなるものなんです.

しかしどちらも良いとなると、これがなかなか判断が難しく、別に一つのものにしぼるわけではないのですからどちらもいいわけなんですが、

やっぱり何か優劣をつけたくなるのが、ここでの職業柄というか、仕事柄であることになってしまっているんでしょうね.

ワンちゃんさえよければいいという事を忘れてしまっているような気がします.

われながら反省です。

いい物選びに特化してやっていきます。

様々だからこそ。

室内犬にあうというのは、例えばある犬の種類のドックフードがあるとするならば、その犬の種類すべてにおいて当てはまるのかといえば

そうではないという事です.

例えば近所の家のAのところの犬が、あるドッグムードをよく食べているからといって、さらには調子も良いと聞いたので、

自分のところも同じ犬の種類だからといって与えたら完璧かといえばそうではありません.

人間でも好き嫌いがあるのと同じですね。

犬ならそこまで好き嫌いがあるわけではありませんが、食べる食べないの量は全く違ってきます。

同じ種類でも大きさが違ったりもしますしね.

ですのでドックフードがどうとかというのもそうですが、

まずはワンちゃんに与えてみると、そしてそれが調子がよければ合うということなので、心置きなくそのドッグフードを与えることができます.

犬を守りたければそういうパッチテスト的な事も行ってあげるのがいいかなと思いますが、皆さんはいかがでしょうか.

口腔ケアですね。

ミネラル成分配合の粒を噛むことで歯垢・歯石の蓄積を防ぎ、気になる口臭をケア。低脂肪設計(*)で、運動不足になりがちな室内犬の気になる体重管理にも配慮しました。また、腸内の善玉菌を増やす“ニュートリファイバー(R)”や、良質なたんぱく質を配合することで、健康的な消化の維持をサポートします。

と書いてあるのを見つけました。

やはり室内犬の問題点は、運動不足だという事。

だからそれに対する栄養ということですが、

ここでも、口腔ケアというものを考えなければいけないということでしたね.

そうですね.

動いていないのですから、どうしても口も閉じたままになってしまいますよ.

だから口の中のケアがとても大切なはず。

しかし、犬が歯磨きをするわけではありませんのでドックフードの中にそういったものを抑える成分を入れておかなければならないという事です.

良質のたんぱく質を配合されていることによって、健康が維持できる・・・

まさしくそういうことですね.

えさの種類を守らないとたいへんなことに。

外で飼っている犬の方が、

いえの中で飼っているいるよりも、カロリーが多くを含まれていることに気づきました。

外で飼っているといってもにひもでつながれているだけというのではなく、

外で活発に動いている犬の場合に与えるえさの事を指しています。

室内で買っている犬たちは

どうしてもカロリーをなかなか消費できずにふとってしまいがちです。

だからこそ、カロリーの少なめな計算になっているんですね。

また、逆に、外で飼われているいるえさを室内犬に与えてみたことがあるのですが、

すごく元気になる半面、逆に、フローリングですべってけがをしたり、

元気が余って外にでてみてようとするわけですから、

やっぱり考えられて作られているんだなってことはよくわかります。

室内犬にはそれ専用のドックフードを与えるべきだという事が、

ここでもよくわかりますね.

チワワの場合は、ちょっとしたけがが致命傷になりますので、

ここはしっかりと守った方がよさそうです.

眠っている時間が気になる?

最近特に気づいたのですが、

眠っている時間がふえてきているような気がします。

年をとってくると、やっぱり疲れやすくなるんですかね?

ねむっている回数が多くなってきているような気がします。

別に無理に起こすつもりはないんですよね.

でも体のどこかが悪いんじゃないかなと心配してしまいます。

しかしそれは、考え好きだったことに気づきました.

なぜなら前まではあまり食べなかったから.

先日書いた通り、私が手のひらの上で、食べさせるようになってから

よく食べるようになったからです.

お腹いっぱいになってよく眠るようになったんですね.

という事は今まであまりお腹いっぱい食べたことがなかったのかな

なんて考えてしまいますが、

若い時はあのえさ入れで、

十分食べていたわけですから、

つい最近ではあまりしっかりと食べれてなかったという事で考えています.

でもとにもかくにも今では健やかにというか、元気そのもの

で育ってくれているので、ありがたいなと思います。

気付かない当たり前の事。

前までは愛犬のえさ入れの中に、

専用のえさを入れて与えていました。

しかし高齢になってくると、

もともと小さいチワワに対して

あの器は大きく感じるのです。

ちょっとやせたのかな

何だか届きにくそう・・・。、

じゃあどうすればいいのかな

大分おおきいのか.もしくは食べやすいようにしたらいいのか・・・

ちょっと待って、そもそもこの受け皿を使わなければいけない理由なんてないはず。

ということで、私の手のひらの上で、えさを与えるようにしたんです。

そうするとたべてくれるのもそうなのですが、
やっぱり慣れている人の手のところで食べられるという事が

すごく嬉しいようです.

いつもより沢山食べてくれるような感じがしました.

やっぱりかわいいですよね.

もっともっとたべてもらえるように

素晴らしいえさを用意しなくちゃ

お互いが愛情をもってすれば

本当にかけがえのないような感覚を味わうことができるんですよね.

これからももっともっと当たり前のことに気付いて

やっていきたいなと感じました。

年齢がいっているからこそ。

チワワの小ささといったら、本当に毛可愛いというよりも、

壊れてしまいそうで。。

誰が最初にアレを犬として育てようと思ったのかしら。

下手したらウサギや大きくしたハムスターといっても、

不思議ではありませんからね。

でも、犬は犬。

となるとドッグフードなんですよね。

いっちょまえに。

喉詰めないでといつもひやひや。びくびくしながらみています。

特に年齢が高くなると余計に。

可愛いんだけど、怖くて。

大丈夫かなと、どうしても思ってしまいます。

長年連れ添ってきているからこそ、変なことで失いたくないんです。

わたしぐらいの年齢になると、

去っていく人の数がどんどんと増えてきます。

人間以外でもどれだけ沢山の動物の死を見てきたことか。

だからできるだけ自分が守れる物は守りたいんですよね。

ドッグフードで少しでも彼らの命を守れるなら、

いくらでもさがしますとも。

室内犬に合ったドッグフードを探します。

うちの愛犬であるチワワに合った物を。