様々だからこそ。

室内犬にあうというのは、例えばある犬の種類のドックフードがあるとするならば、その犬の種類すべてにおいて当てはまるのかといえば

そうではないという事です.

例えば近所の家のAのところの犬が、あるドッグムードをよく食べているからといって、さらには調子も良いと聞いたので、

自分のところも同じ犬の種類だからといって与えたら完璧かといえばそうではありません.

人間でも好き嫌いがあるのと同じですね。

犬ならそこまで好き嫌いがあるわけではありませんが、食べる食べないの量は全く違ってきます。

同じ種類でも大きさが違ったりもしますしね.

ですのでドックフードがどうとかというのもそうですが、

まずはワンちゃんに与えてみると、そしてそれが調子がよければ合うということなので、心置きなくそのドッグフードを与えることができます.

犬を守りたければそういうパッチテスト的な事も行ってあげるのがいいかなと思いますが、皆さんはいかがでしょうか.

口腔ケアですね。

ミネラル成分配合の粒を噛むことで歯垢・歯石の蓄積を防ぎ、気になる口臭をケア。低脂肪設計(*)で、運動不足になりがちな室内犬の気になる体重管理にも配慮しました。また、腸内の善玉菌を増やす“ニュートリファイバー(R)”や、良質なたんぱく質を配合することで、健康的な消化の維持をサポートします。

と書いてあるのを見つけました。

やはり室内犬の問題点は、運動不足だという事。

だからそれに対する栄養ということですが、

ここでも、口腔ケアというものを考えなければいけないということでしたね.

そうですね.

動いていないのですから、どうしても口も閉じたままになってしまいますよ.

だから口の中のケアがとても大切なはず。

しかし、犬が歯磨きをするわけではありませんのでドックフードの中にそういったものを抑える成分を入れておかなければならないという事です.

良質のたんぱく質を配合されていることによって、健康が維持できる・・・

まさしくそういうことですね.